九重大分山行脚 

 

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑

 

中岳(九重連山・大分)モルゲンロート朝駆け登山フォトアルバム  

(登山記) 

ルートマップ 

2010.03.19

 
           今日は、牧ノ戸登山口から中岳への朝駆けだ。天気予報では、終日晴れ。
 
           ライブカメラでも星空で、夜明けへの期待大である。
 
           自宅(大分市)を午前12:30出発。星空の下、長湯温泉を抜け、瀬ノ本を通り、午前2:15牧ノ戸登山口到着。
 
           やや強めの風が吹く中、午前3:00沓掛山へ取り付く。気温も低いのだろう。なかなか温まらないので、ピッチを上げる。  
 
           沓掛山を過ぎ泥濘が凍った凸凹道を、扇ヶ鼻辺りまで来ると、雪がうっすらと積もっている。
 
           風が強くなった西千里浜を歩いていると、雪路に真新しい一人分のトレースを発見。
 
           今日は一番乗りだと思っていたが、先行者がいるのかな?
 
           久住分れを過ぎ御池へ向け登ると更に風が強くなり、池の小屋の前では体が持って行かれそうなほどだ。
 
           午前4:45池の小屋到着。まだ時間が早いので防寒仕度を整え、午前5:15頃外へ出て見ると東の空がわずかに赤い。
 
           あわてて中岳へ向け池の小屋を飛び出す。御池から中岳へと刻まれた、一人分のトレースをたどりながら急いで登る。
 
           午前5:30中岳山頂到着。と同時に手を振る「としちゃんの山歩き」のとしちゃん。やはり先行者が居た。
 
           としちゃんは先週も中岳へ早朝登山されて、昨日から泊り込みの連日登山らしい。そのエネルギーに敬服するばかりだ。
 
           風はモーレツに天狗ヶ城方向から吹き抜ける。山頂東側に風を避け、鮮やかなグラデーションの朝焼けを撮り始める。
 
           次第に赤みが増し、,燃えるようになると、朝陽が顔を出し始めた。
 
           朝陽が顔を出すと同時に、久住山・天狗ヶ城・星生山が真っ赤に染められた。今日は特別赤く感じる。
 
           西からの強風と戦いながら、久住山・天狗ヶ城を何とか撮影する。由布岳・祖母傾・阿蘇も綺麗に望める。
 
           特に山々の重なり合う稜線のシルエットが、神秘的に感じる。約1時間30分の撮影会を終え、満足して中岳を後にする。
 
           稲星山の東の稜線を歩いた事が無いので足を伸ばし、池の小屋へ戻り薄着に着替え帰路に着く。
 
           帰りも急がないと泥濘の餌食になるので、早足で歩き、何とかギリギリ間に合った。
 
           その後展望台にて沓掛山のマンサクを観賞しながら、ゆっくり昼食を取り、朝焼けの余韻に浸る。
 
           今日は良く焼けた、帰って写真を見るのが楽しみだ。
 
                                                                                    m.saito
        
 
 
 
 
 
 

 

 

中岳からの由布岳と朝焼け

 
 
 
 
 
 

 

中岳からの久住山の朝焼け

 
 
 
 
 
 

 

 

中岳からの天狗ヶ城と星生山の朝焼け 

 
 
 
 
 
 

 

 

中岳からの天狗ヶ城と星生山の朝焼け

 
 
 
 
 
 

 

 

中岳からの池の小屋

 
 
 
 
 
 

 

 

中岳からの由布岳と鶴見岳

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山からの阿蘇山

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山からの天狗ヶ城と中岳

 
 
 
 
 
 

 

 

池の小屋付近からの阿蘇山 

 
 
 
 
 
 

 

 

御池と中岳

 
 
 
 
 
 

 

 

久住分れ付近からの阿蘇山

 
 
 
 
 
 

 

 

沓掛山

 
 
 
 
 
 

 

 

展望台からの沓掛山のマンサク

 
 
 
 
 
 

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑

 
 

九重大分山行脚 

現在の閲覧者数: