九重大分山行脚 

 

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑

 

稲星山(九重連山・大分)雪と霧氷の朝駆け登山フォトアルバム  

(登山記) 

ルートマップ 

2010.03.27 

 
           今日は、予想外の雪山だ。今週はずっと雨だったが、山では寒波のおかげで雪と化した。融けないでいてくれと祈る。
 
           天気予報は昼まで晴れ、即朝駆け決定。午前0:30自宅(大分市)を、家族を起こさぬよう静かに出発。
 
           満天の星空とお月さん、気温は低そうだが風は無い、絶好のコンディションだ。
 
           車を長湯温泉から瀬ノ本を抜け牧ノ戸へ走らせる。牧ノ戸に近づくと星空の下、月に照らされた白い山が浮かび上がる。
 
           眠気が吹っ飛びついアクセルを踏み込む。午前2:15牧ノ戸登山口到着。
 
           風も無く静かな月明りの中仕度を整え、午前2:50牧ノ戸登山口出発。積雪がアイスバーン化したコンクリート道を、アイ
 
           ゼンの音を響かせながら登る。今日は土曜日で雪山のせいか、前にも後にも季節外れの蛍のような灯りが登る。
 
           次第に増す積雪にトレースを刻みながら、久住分れに午前4:10到着すると、風が急に強くなった。
 
           御池では気温は低いが風が弱いせいか、殆んど池の水は凍っていない。暗い中波打つ水の音がかすかに聞こえる。
 
           午前4:30池の小屋到着。誰も居ない池の小屋で防寒仕度を整え、稲星山へ向け小屋を出る。
 
           キツネと思われる足跡をたどり東千里浜へ下り、稲星山へ取り付く。積雪約10センチ程度の北斜面を、次第に強くなる風
 
           に押されながら登る。
 
           午前5:15稲星山頂上到着。今日は風の心配は無いと思っていたが、とんでもなかった。
 
           山頂では中岳方向から強烈な北風が容赦なく吹き付ける上に、気温もかなり低そうだ。真冬並みだ。
 
           東の空が赤らみ、朝陽が顔を出し始めた。でも何か少し霞んで朝陽にちょっと元気が足りない。そのせいか久住山も中
 
           岳もあまり赤くはならない。しかし、それなりには焼けてくれた。
 
           それより稲星山の北斜面の、黄金色に輝く雨氷プラス霧氷がとても綺麗だ。
 
           強風から逃げながら、指先をしびれさせ、一通り撮り終わると久住山へ寄って下山する。
 
           途中「九重の四季」の木下さんと明るい所で初めて会った。やはり思ったとおりの気さくで楽しい人だ。
 
           今日は思いがけない雪山が、四月になろうかという今頃、真冬の味わいをいろいろ与えてくれた。
 
                                                                              m.saito
                                                                                   
        
 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山からの朝陽 

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山からの朝焼けする中岳と三俣山

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山からの朝焼けする天狗ヶ城と中岳

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山からの祖母・傾山方向

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山からの朝焼けする久住山と星生山

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山からの中岳と三俣山

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山黄金色に輝く北斜面の雨氷プラス霧氷

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山黄金色に輝く北斜面の雨氷プラス霧氷

 
 
 
 
 
 

 

 

稲星山雪の南斜面

 
 
 
 
 
 

 

 

久住山東峰からの天狗ヶ城と中岳

 
 
 
 
 
 

 

 

久住山頂上と三俣山 

 
 
 
 
 
 

 

 

久住山からの三俣山 

 
 
 
 
 
 

 

 

久住山頂上の凍りついた岩 

 
 
 
 
 
 

 

 

星生山西稜 

 
 
 
 
 
 

 

 

扇ケ鼻 

 
 
 
 
 
 

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑

 

九重大分山行脚 

現在の閲覧者数: