九重大分山行脚 

 

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑

 

久住山(九重連山・大分)モルゲンロート朝駆け登山フォトアルバム  

(登山記) 

ルートマップ 

2010.04.03

 
           いつもギリギリまで、どの山へ登るか迷うのだが、今回も例にもれず久住山と大船山で迷うが、まだ久住山へは
           
           朝駆けをした事が無いので、結局久住山に決めた。天気予報は終日晴れに良くなっていた。
 
           自宅(大分市)を午前0:15出発。お月さんが少し霞んで薄雲が有るようだが、星も見え一応晴れている。
 
           月明りと星空の下、長湯温泉・久住高原・瀬ノ本高原と車を走らせ、やまなみハイウェーを上り牧ノ戸登山口へ
 
           午前2:00到着。霞んでいた月も綺麗に見え、風も無く良いコンディションだ。
 
           今日は泥濘対策として磯釣り用の長靴を履き午前2:45出発。山で履き慣れない長靴に違和感を感じつつ
 
           コンクリート道を上る。沓掛山を越え凍った泥濘を抜け西千里浜へ来ると、風が急に強くなった。
 
           今日もやはり山頂は風が強いんだろうな。
 
           久住分れを過ぎると風は更に強くなり、久住山へ取り付くと北西の風に左へ左へ押されながら蛇行して登る。
 
           まず久住山東稜の風の具合を見るが、とてもじゃないが三脚は無理な状態だ。
 
           続いて久住山頂上午前4:30到着。むろん尾根の北側へ出るやいなや、容赦無く北西の風が押し戻す。
 
           三脚を岩陰にセットし夜明けを待つ。気温氷点下4℃、長靴のせいか足の指先が今日は特にしびれる。
 
           しばらくして東の空が赤らみ、いよいよ朝陽が顔を出そうとする。今日は中間層に雲が有るので、雲焼けが
 
           とても綺麗だ。午前6:05朝陽が顔を出すと同時に久住山・星生山が焼けだした。
 
           あわててシャッターを切るが、その間わずか5分で終了。朝陽が横たわる雲に隠れた。
 
           むろん思うようには撮れなかったが、良く焼けてくれたので感謝だ。
 
           その後、約20分後に出た日差しの中で、写真を数枚撮り午前6:50早めの下山開始。
 
           下山を、途中から「九重山行クラブ」のボッチさんと、ボッチさんのお仲間2人と同行させてもらい、大変有り難い
 
           お話をしていただいた。お蔭様で今後の私の山行きへの姿勢を考え直す良い機会となった。
 
                                                                           m.saito
 
 
 
 
 
 
 

 

 

久住山からの朝焼け

 
 
 
 
 
 
 

 

 

久住山からの朝焼け 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

久住山からの日の出

 
 
 
 
 
 
 

 

 

久住山からの朝焼けする星生山

 
 
 
 
 

 

 

久住山からの朝陽

 
 
 
 
 
 

 

 

久住山からの星生山

 
 
 
 
 
 
 

 

 

久住山からの三俣山

 
 
 
 
 
 

 

 

久住分れ付近からの星生山

 
 
 
 
 
 
 

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑

 

九重大分山行脚 

現在の閲覧者数: