九重大分山行脚*九重連山* 

 

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑

 

 

三俣山(九重連山)ダイヤ大船・朝駆け登山フォトアルバム

 

スライドショー 

ルートマップ 

 

2013.02.17

 

大曲登山口 AM 04:00---(50分)すがもり小屋---(60分)三俣山・W峰 

 

---三俣山・西峰---すがもり小屋---大曲登山口  

 

 
 
  夕陽に照らされる山頂部が真っ白な三俣山、前日のライブカメラの画像に惚れ惚れと見とれながら山行きの算段を練る。

  雪が残るのは北斜面、となるとやはり三俣山と言うことになった。しかも、泥濘と人からも避けられ一石三鳥である。

  峰は以前、感動的な雪山の朝焼けを体験して以来好きになったW峰とした。 

  満天の星を見ながら瀬の本から牧ノ戸登山口を右に見やり、午前2:00過ぎ車2台の停まる大曲登山口に到着する。

  すると、1台の車の方が朝駆けされるようで挨拶をしてみると聞き覚えのある声、九重連山の光と影のオアシスさんだった。

  オアシスさんを見送り、準備後午前4:00夜空に浮かぶ三俣に向かって大曲から登り出す。気温氷点下4℃、風も無く今日は暖かだ。

  久しぶりの硫黄山道路から、なぜか癒されるかすかな硫黄の臭いを感じながら、雪の残るガレ場へと谷を渡る。

  思ったよりも多く残る雪に期待も膨らみながら、スガモリ小屋から西峰へと上げて行き、午前5:50W峰山頂到着。

  気温氷点下8℃、北西の弱い風が吹きつけ、ほぼピーカンである。積雪もまあまあで後は太陽に頑張ってもらうだけだ。

  日の出時刻が近づくにつれ、朝焼けの光の中心が大船山のやや左側辺り、このまま行くと「ダイヤモンド大船」かも?。

  そして、太陽は大船山の急峻な北斜面を駆け上がるように山頂へと移動して「ダイヤモンド大船」を作り上げてくれた。

  振り返り山の焼け具合を見るが、光が弱いようである。それでも雪山が朝日に照らされる眩しさは大変目の保養になる。

  予想以上の残雪とダイヤ大船に大満足して午前8:00ごろ早々の下山を開始する。

  下山はオアシスさんに同行して、色々為になる事を御教授いただき、アッと言う間の大曲登山口で、疲れ無く感謝である。
                                       

 
 
 
 
 

 

(画像クリック:拡大) 

大船山と朝焼け(三俣山・W峰より) 

 

 
 
 
 
 

 

大船山と朝焼け(三俣山・W峰より) 

 

 
 
 
 
 

 

ダイヤモンド大船(三俣山・W峰より) 

 

 
 
 
 
 

(画像クリック:拡大)

ダイヤモンド大船と三俣・南峰(三俣山・W峰より) 

 
 
 
 
 
 

 

(画像クリック:拡大) 

薄雪に覆われる久住山系(三俣山・W峰より) 

 
 
 
 
 
 

 

 

三俣・本峰の朝焼け(三俣山・W峰より) 

 
 
 
 
 
 

 

 

朝日に照らされる星生山(三俣山・W峰より) 

 
 
 
 
 
 

 

 

遠くに浮かぶ由布岳(三俣山・W峰より) 

 
 
 
 
 
 

 

(画像クリック:拡大) 

白さ一際、星生山(三俣山・西峰より) 

 
 
 
 
 
 

 

 

冬の主、星生山(三俣山・西峰より) 

 
 
 
 
 
 

 

(画像クリック:拡大) 

白き山塊、九重連山(三俣山・西峰中腹より) 

 
 
 
 
 
 

 

 

すがもり小屋と九重連山(三俣山・西峰中腹より) 

 
 
 
 
 
 

 

 

すがもり小屋と硫黄山・星生山(三俣山・西峰中腹より) 

 
 
 
 
 
 

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑

 

 

九重大分山行脚*九重連山* 

現在の閲覧者数: