九重大分山行脚*九重連山*

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑


九重連山・天狗ヶ城 朝駆け 登山 フォトアルバム
(登山記)

2014.07.28




    都合により、かなり久しぶりの平日での朝駆けとなった本日、天狗ヶ城へと涼しい登山路をのんびり上げて行った。

    平日とはいっても夏休みのせいか、前後には山蛍の明かりが点々と灯る。見上げる空は残念ながらピーカンの様相である。

    扇ヶ鼻分岐を過ぎた辺りで若い女性にスーと追い抜かれた。挨拶はかわしたが、そのスピードに西千里の幽霊かと思った。

    今日の目的地は又しても天狗ヶ城のネック。大船山と中岳の位置関係で、どうもあの場所が大変気に入ってしまった。

    御池の南縁を回り中岳・天狗の鞍部に出る。この瞬間が全てを決すると言っても過言ではなく、ほぼその黎明が決まる。

    よって、今日もためて頭を持ち上げる。するとガックリ。PM予想に反さず、東の地平線付近はどんより雲と霞に覆われている。

    上空に雲は有るものの焼けるための口が開いて無い様に見える。後は雲の移動や薄れ等に期待するしかない。

    ところが、時間と共に徐々に焼け始めた。それも空一面に広がる様々な雲が次々と焼けていく。

    濃い霞層に覆われた地平線下とは別に天空は焼けてくれた。とは言ってもやはり青空の純度はやや落ちる。

    天空の朝焼けのショーは終わり、日の出時刻から5分程して、霞層から朝日がモヤっと顔を出した。

    その後は青空に期待したのだが、空は薄い雲が覆い始めて日差しも弱くなり、諦めて下山することにした。

    下山路の池の小屋では、久しぶりの原園さん佳代さんとしばし話しが出来、Chiemiさんとはニアミス後、後姿が見れた。

    ちなみに、朝、私を抜いた若い女性は佳代さんだった・・・。

    下山路は夏休み恒例、小学生達との楽しく笑える挨拶合戦と相成った。

    その中の小学生の一人の男の子が私の事を小声で「あの人、変なおじさん」と言っていた(苦笑)。

    下山後は、都合により花散策が出来ず帰路に着く。













   

朝焼けの始まりと平治岳・大船山・中岳
大船山頂より高く覆う霞層、負けじと焼かす朝日。










 

朝焼けのMAXと平治岳・大船山・中岳










 

平治岳・大船山と朝焼け
霞の割には期待以上の朝焼けに釘付け。










 


中岳・稲星山と朝焼け
天空を所狭しとさまざまな雲のショー。










  

涼しげな天空の朝焼け
下界の暑さは何処へやら、このままずっと。










       

日の出と大船山
日の出時刻からかなり遅れてようやく日の出。 










    

霞層からの日の出と大船山頂










    

咲き始めたノリウツギと天狗ヶ城
霞む大気に霞む雲、ノリウツギも幾分元気が無い。











    

星生崎と星生山
ここまで下りようやく青空らしきものが見られた。










        

イタドリと星生山
普段あまり目にとめないイタドリだが、青々としたイタドリもなかなか美しい。










TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑


九重大分山行脚*九重連山*

現在の閲覧者数: