九重大分山行脚*九重連山*

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑


九重連山・稲星山 雪山朝駆け 登山 フォトアルバム
(登山記)

2015.02.20




    牧ノ戸登山口---池の小屋---稲星山---中岳---天狗ヶ城---慰霊碑の丘---久住上の台---久住山

    ---上の台---トラバース道---久住分れ---星生崎---星生山---牧ノ戸登山口
   
 

    降雪後の晴れ予報、何とかやり繰りして深夜家を出る。

    山は日の出方向もかなり東へ戻ってきて、稲星山北斜面も十分な朝日が当たりそうなので稲星山とする。

    途中、久住高原の何時もの場所からの九重連山は、シルエットがハッキリしないが上空は綺麗な星空。



    午前1:30、気温氷点下7℃の牧ノ戸に到着し、2時間仮眠して午前4:00、新雪積もるコンクリート道に取り付く。

    久住避難小屋までは先行者のトレースを追いかけ、その後トレースは無くなったが幸い積雪が少なく助かる。

    御池上を通り池の小屋で防寒を済ませ東千里から稲星山へと進み、午前6:30頃、稲星山頂に到着する。



    状況は猛烈な北風が吹き付け、上空はピーカンの様相である。東の空は綺麗で朝焼けに期待が出来そうだった。

    期待したシュカブラの状況を確認して回り、日の出後の走り回る順序を決めて岩陰でスタンバイする。

    日の出が近づくほどに風の強さが増して、ガメラの唸り声にも聞こえる音が響く。

    そして日の出、山頂部から東へ走り回りシャッターを切る。約5分間の風と朝日との戦い、今回は風に負けた。

    いつもカメラ操作の為、薄い手袋とポケットにカイロと言う構えで大丈夫だったが、今回はそれが初めて通用しなかった。



    朝焼けも終わり、その後は綺麗な青空に誘われるように、中岳・天狗ヶ城・久住山・星生山と廻る。

    最後の星生尾根の池塘直上では、夕暮れまで残るか綺麗で飽きない雲を眺めながら2時間程思案する。

    暖かい午後の日差しが気持ち良く、睡魔も襲ってきて、結局、午後3:00下山開始する。

    今回、朝駆けに仙人さんも来られていて、夕暮れには木下さんオアシスさん が来られていた。
  
    











 

稲星山からの日の出前の天狗ヶ城・中岳










 

稲星山からの日の出












稲星山・シュカブラのモルゲントート












稲星山・シュカブラのモルゲントート












稲星山からの朝日と大船山












稲星山のシュカブラと天狗ヶ城・中岳












中岳からの久住山












天狗ヶ城からの星生山












空池縁からの三俣山












上の台トラバース道からの三俣山












星生崎からの星生山












星生山のシュカブラと久住山












星生尾根からの久住山












星生尾根からの久住山













沓掛山からの三俣山と星生山










TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑


九重大分山行脚*九重連山*

現在の閲覧者数: