九重大分山行脚*九重連山*

TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑


九重連山・星生崎 雪山朝駆け 登山 フォトアルバム
(登山記)

2015.03.13




         牧ノ戸登山口---星生崎直下---星生崎---星生山---西千里浜---牧ノ戸登山口
   
 

    今冬一番の寒波到来で、当初は12日に朝駆けの予定をしていたが、天候により急遽13日に変更した。

    その為、昼までに自宅へ戻らなくてはならない。おそらくピーカンだろうから楽々間に合うだろう。

    午前1:30、気温氷点下4℃の牧ノ戸峠に到着し仮眠に入り、午前4:00前に起き上がりコンクリート道に取り付く。

    沓掛山を越えると幾つかの先行者の明かりが見える。ヌカルミの凍結路と圧雪路をアイゼン無しで上げて行く。

    今回の目的地は星生崎。霧氷の付きも良くないようだし、時間の関係もある為で、星生尾根北側の朝焼けに期待した。

    午前5:30、気温氷点下10℃。風は弱いが冷たい北西の風。東の空を見ると、高く霞んだ雲が横たわりテンションダウン。

    しかし、時間と共にその霞んだ雲が色合い良く焼けて行く。「天狗ヶ城からだと綺麗だったろうな」と、つい嘆く。

    そして日の出時刻、霞んだ雲のお蔭で星生尾根はほのかに染まるだけに留まる。

    おまけに、心配していたダイヤモンド天狗だった。お蔭で朝日はなかなか当たらず、良いのか悪いのか。

    その後は斜光の内にと、星生尾根を早足で星生山へと進み、午前8:00前下山開始する。

    下山路の日差しは強かったが良く凍っていたせいか、ヌカルミは楽々クリアーして午前9:00前、牧ノ戸へ到着する。













 

星生崎からの天狗ヶ城と朝焼け










 

星生崎からの久住山と朝焼け












星生崎からの三俣山と朝焼け












星生崎からの星生尾根のほのかな朝焼け












たまたまのダイヤモンド天狗












星生崎からの星生山












星生崎からの肥前ヶ城と扇ヶ鼻












星生山からの天狗ヶ城・稲星山・久住山












星生山からの久住山










TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑


九重大分山行脚*九重連山*

現在の閲覧者数: