TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑


九重連山・稲星山朝駆け 登山 フォトアルバム
(登山記)

2015.06.29




    またまた梅雨の最中の晴れ日が日・月と現れ、仕事の都合にて月曜日に前回と同じ稲星山へと朝駆けをした。

    この時期は上空に雲が多いので、朝焼けに大いに期待しながら午前2:15牧ノ戸登山口を出発する。

    梅雨の晴れ日と言うことで月曜日ながら朝駆けの登山者も多そうで、前後に明かりを見ながら沓掛山を越える。

    程良い気温に風も有り、足も軽く感じながら鞍部から登りにかかる。と一人の先行者に追いつき挨拶すると、その声は、

    「九重の四季」の木下さんだ!。前回に続いての遭遇で、不思議なもので会いだすと続くものである。

    挨拶して先行させていただき、幾人かの先行者を追い越しながら午前3:15久住避難小屋通過。

    北千里からの強い風を受けながら空池から御池へと上げる。今朝は露が少なく濡れずに午前3:35池の小屋前通過。

    一気に東千里から稲星山へと駆け上がり、午前3:50、稲星山頂に到着する。日の出までは1時間20分。

    気温は10℃、北からの強い風が吹き付けやや寒い。良い雲が横たわり日の出方向の地平線辺りには雲は無く期待する。

    そして期待通りに横たわる雲は強い朝日に焼けて行き、久しぶりの朝焼けらしい光景を楽しめた。

    朝焼けも終わり大船山頂付近から日の出した朝日がガメラの口元で輝いてくれた。

    日の出後、大気も綺麗で遠くまで見渡せ、雲海に包まれた九重を味わいながら、稲星山から中岳へと移動する。

    中岳山頂では精悍に天狗・久住方向を激写するカメラマン、そう木下さんだった。

    しばし、お話しさせていただき木下さんとお別れして天狗ヶ城へと移動し、そのまま下山路へ着いた。

    下山後は月曜日と言う事で、早めの帰宅を考えスズサイコとヒメユリだけに会って帰路に着いた。













       
 

良い雲が横たわり、ただ祈る 










 

(画像クリック:拡大)
そして期待通りに焼けてくれた













稲星岩峰越しの大船山と朝焼け












(画像クリック:拡大)
大船山と朝焼け












大船山と朝焼け












天狗ヶ城・中岳と朝焼け












(画像クリック:拡大)
ガメラと大船山のダイヤモンド












雲海と阿蘇山












(画像クリック:拡大)
天狗ヶ城と中岳












久住山












天狗ヶ城












御池と久住山












三俣山












星生山












雲海に浮かぶ久住山












雲海に浮かぶ久住山












スズサイコ(鈴柴胡)












スズサイコ(鈴柴胡)












ヒメユリ(姫百合)












ヒメユリ(姫百合)












ヒメユリ(姫百合)












ヒメユリ(姫百合)










TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑




現在の閲覧者数: