TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑


九重連山・星生崎下 朝駆け 登山 フォトアルバム
(登山記)

2015.08.08




    暑くスッキリしない日が続いていたが、ようやくPMの少ない日がやって来た。

    流れ星走る綺麗な星空の下、午前0:00牧ノ戸峠へ到着し仮眠に入る。

    午前3:00、目覚ましに起こされ午前3:25、登り始めそうな団体さんを横目で見ながら慌ててコンクリート道に取り付く。

    気温は17℃で低目だが風が無く登り出すと蒸し暑く感じる。沓掛山からは蛍の灯りが点々と連なり、さすがに多そうだ。

    午前4:30前、星生崎下に到着するが40人以上は追い越した様な気がする。

    ピーカンの様相の上空と各山頂の人の多さを考え、星生崎へ上がって見るが冴えない。

    結局、星生崎下にて夜明けを迎えたが、久住山と天狗ヶ城の間の涼しげな雲が焼けてくれた。

    日の出後に分かったのだが、一人居た先客はsumiさんだった。そう言えば何となくオーラを感じた。

    暑くも寒くも無く、心地よい東寄りの風が吹き抜ける静かな星生崎下にて、

    九重の山並みを眺めつつ、しばらくsumiさんとお話しさせて頂き楽しいひと時となった。

    午前7:30、超澄み渡った景色と涼しさを惜しみながら下山を開始する。

    と、直ぐにボッチさんに追いつき、天狗ヶ城からの状況を聞いてお先させてもらう。

    時間が早かったせいか、思ったよりも少ない登山者とすれ違いながら、午前8:30ごろ牧ノ戸登山口に到着する。

    下山後はノヒメユリに会いに行く。やや遠くを覚悟していたが割と近くで新たに発見する。相変わらず可愛い。

    更にその界隈を散策していると、丁度盛りのヤツシロソウの群生に出会う。何と今日はラッキーな日だ。















夜明け前の星生崎










 

星生崎下からの夜明け前の九重稜線












淡い後光











 
心涼む朝焼けと久住山












九重連山と朝焼け












朝日当たる星生山と星生崎












天狗ヶ城稜線からの日の出












満開のノリウツギと久住山












メイゲツソウ(名月草)と星生山












ヤクシマホツツジ(屋久島穂躑躅)












ノヒメユリ(野姫百合)












ヒロハトラノオ(広葉虎の尾)
別名:ツクシトラノオ(筑紫虎の尾)












ヤツシロソウ(八代草)










TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑




現在の閲覧者数: