TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑



九重連山 天狗ケ城 朝駆け登山フォトアルバム

2015.12.18




     今冬最強の寒波がやって来た!、おまけに願っても無い超晴天日までも引き連れて。

     その訪れを牧ノ戸登山口のライブカメラで確かめた時には既に準備は完了していた。

     仕事の区切りを付けた日が変わる頃に家を出る。途中の久住高原で星空に聳える九重連山を見上げると流れ星。

     瀬の本からは今冬初めての凍結路。時折カーブで尻を振りながら懐かしい感触。

     午前2:00前、驚きの氷点下10℃の牧ノ戸登山口に到着。車は殆んど停まっていない。

     気温氷点下8℃の午前4:00まで仮眠の後、午前4:30積雪5センチ程積もったコンクリート道を登り出す。

     新雪の上にトレースが2つか?、追いかけながら星空の下を上げる。

     途中、久住避難小屋で軽く防寒へ着替えて先に見える灯り2つを追いかける。

     午前6:00頃、気温氷点下13℃、弱い北西の風が吹き付ける天狗ヶ城山頂に到着する。前回の犬は居なかった。

     すぐさま東の方向を見るが、始まってるはずの黎明の明るさが見当たらない。ガスが高く中岳もろとも覆い隠していた。

     それなら、撃沈の確率の低そうな中岳へと移動しようと10メートル程下ると、さっきまでの東のガス雲が消えていた!。

     ならば天狗だと、再び天狗山頂へと直ぐに戻る。それから日の出まで白い山間を流れるガスを楽しむ。

     そして、日の出。ガスは上がったり下がったりで、良いのやら悪いのやら?。欲を言えば、もう少し赤さが欲しかった。

     日の出後は、大気も綺麗で天気も最高なのでゆっくりしたかったが、昼までの帰宅の為、直ぐに中岳へ移動。

     中岳の後、帰りに池の小屋へ寄って見ると、前回天狗に居た親子犬が居た。かなりお腹を空かしてる様子だった。

     どうして山の上に行き着いたのかは分からないが、犬には罪は無い。ただ、一生懸命生きてるだけだろう。

     午前10:00、牧ノ戸登山口に到着して帰路に着く。












     

(画像クリック:拡大)










  

(画像クリック:拡大)























(画像クリック:拡大)





















 

(画像クリック:拡大)










 










  

(画像クリック:拡大)










 












(画像クリック:拡大)





















TOP

アルバムインデックス

スライドショー

山別検索

ルートマップ

野の花集

花の図鑑




現在の閲覧者数: