TOP

アルバムインデックス

山行脚史

ルートマップ

花の図鑑


「九重朝駆け」 天狗ヶ城  フォトアルバム

2017.09.13

スライドショー





     台風前の貴重な晴れ日の13日に九重へと、依然として溜まり気味の仕事をこなして何とか前夜家を出る。

     牧の戸峠近くで仮眠後の午前2:00、気温13℃、薄雲越しに半月照らす登山道を歩き出す。

     気温もぐっと低くなり、夏バテの体にはいい季節がやって来た。

     上空には、このまま焼ければと思う様なうろこ雲が広がり、朝焼けへの期待も膨らむ。

     扇ヶ鼻分岐を過ぎた所で先行者一人にお先させて頂く。

     午前4:00前、気温8℃、弱い風の天狗ヶ城山頂に到着。

     心配した東の空は薄雲が有りそうだが、星が見えるので開けてそうで一安心。

     上空には多くは無いが雲も有りピーカンも免れそうだ。

     防寒後、早速月光下の九重の山なみを撮り回るが、半月では光が弱く使い物には今一つだった。

     そして、後から登って来られた方2名と、まずまずの朝焼けと御来光を迎えた。

     日の出後、一人残った天狗ヶ城山頂で午前8:00頃まで秋の風に吹かれながら、珍しくのんびり・・・。

     下山路は膨らみ始めたススキと綺麗な雲に癒されながら、午前10:00牧の戸登山口着。

     花散策は今回も仕事でパスして、「おいちゃん家」経由にて帰路に着く。




















始まり

















Max

















日の出

















オレンジ

















振り向けばピンク

















由布岳クッキリ

















微かに普賢岳

















秋色へ

















ススキ膨らむ

















秋の雲

















ススキたわわ

















多い主役

















扇より放たれる放射雲

















沓掛とススキ















TOP

アルバムインデックス

山行脚史

ルートマップ

花の図鑑




現在の閲覧者数: