+9  


TOP

アルバムインデックス

山行脚史

ルートマップ

花の図鑑


九重朝駆け 久住山・東尾根  フォトアルバム

2018.01.01




     大晦日の朝、牧ノ戸ライブカメラを除くと思いがけず真っ白。元旦は晴れ予報と言うことで久しぶりの元旦登山。

     午前3:30、牧ノ戸登山口を通り過ぎて、一応三俣山の状況を確認の為下るが、ガスに包まれて全く見えず。

     戻った牧ノ戸上空もガスに覆われて撃沈必至な状況を鑑み、撃沈率の低そうな久住山・東尾根とする。

     気温氷点下5℃、駐車場は下がほぼ満車で上が半分以上埋まり更に続々と、さすがの元旦。

     午前4:00、次々と出発する登山者の列の中に入って行く。途中、何度も上空を見上げるも終始ガスの中。

     午前6:00前、気温氷点下10℃、北西の強風吹き荒れる久住山・東尾根へ到着。

     覆われたガスも時折南東側が開き青空や地平線が見えることも有り、御来光への期待も繋げられる。

     そして日の出時刻。ガス越しの一瞬ではあったが、何とか元旦の御来光を拝むことが出来た。

     日の出後は久住山へ移動してブロッケン三昧の中、星生山が現れるのを長々と待つが、結局現れず仕舞い。

     諦めて星生崎まで下ると星生山は綺麗な青空の下、現れていた。



                                                                                              今年もよろしくお願い致します。  m.saito




















(画像クリック:拡大)

2018元旦御来光・久住山

















2018元旦御来光・久住山

















久住山

数えると約40人

















鏡ブロッケン・久住山

















ブロッケンと星生崎・久住山

















天狗ヶ城と中岳

















星生崎















TOP

アルバムインデックス

山行脚史

ルートマップ

花の図鑑




現在の閲覧者数: