+9  


TOP

アルバムインデックス

山行脚史

ルートマップ

花の図鑑


九重朝駆け 天狗ヶ城

2019.01.18




     気温氷点下5℃、風もあまり強くなく思ったほど寒くない牧ノ戸登山口から午前4:00取り付く。

     星は見えないが確かなる晴れ予報を信じて上げて行く。先行者はトレースから1〜2人か?。

     星生崎下で追い付かれた登山者に挨拶すると、今年初めてのnacchi***さんで新年のご挨拶。

     午前6:00頃、ガスに包まれ、強い北風が吹き付ける天狗ヶ城に1番乗り。上空には時折星が見える。

     そのうちガスは下がり始めて中岳と大船山がガス間に浮かび上がる。久しぶりの景色。

     しばし、黎明のガス景を堪能後、日の出前に中岳へ移動。綺麗な朝焼けが楽しめた。

     その後、しばしガス待ちをするも気配なし、nacchi***さんについて久しぶりの稲星山から久住山へ。

     風は冷たいながらも1月らしからぬ九重の山なみには白さは無し。有るのはヌカルミのみ。


















 

ガス流るる中岳と大船山

















中岳と稲星山

















九重連山と裏焼け

















中岳の霧氷と御来光

















朝焼けの霧氷と大船山















 

朝焼けの九重連山

















朝焼けの三俣山

















久しぶりのガメラと大船山















TOP

アルバムインデックス

山行脚史

ルートマップ

花の図鑑




現在の閲覧者数: