+9  


TOP

アルバムインデックス

山行脚史

ルートマップ

花の図鑑


九重夕駆け 久住山(その1)

2019.01.27




     待ちに待った雪山に、当然満車の牧ノ戸登山口からやや慌てながら午前11:00取り付く。

     ガス雲はまだあるものの急激に青空が広がり、強い日差しが容赦なく霧氷に照りつけ、日差しとの競争か。

     扇ヶ鼻分岐辺りまで上げると雲は無くなり綺麗な青空。まずは扇ヶ鼻東端へ向かうが、雪・霧氷共少ない。

     次は天狗ヶ城にと更に慌てながら久住別れに差し掛かると、御無沙汰の「必殺朝駆け人」の皆さんに遭遇。

     皆さん、ガス晴れの絶景に満足されたご様子?。案の定、その先は皆さんに撮り尽くされていた(泣)。

     それにしても、今季最強寒波の割には降雪量が少なかった。

     *** その2に続く *** (後日のUPになります。)


















 

久住高原からの九重連山

















牧ノ戸コンクリート道の霧氷

















星生山

















久住山

















星生山

















星生崎と久住山

















星生崎

















星生山





*** その2へ続く ***

(後日のUPになります。)







TOP

アルバムインデックス

山行脚史

ルートマップ

花の図鑑




現在の閲覧者数: