シロバナヒナスミレ(白花雛菫)








2014.04.09







2014.04.09







2014.04.09





 

2014.04.09







2014.04.09





分類

 スミレ科 スミレ属 多年草

名前の由来 

 「雛」は、小さくて可愛いという意味で雛人形に由来するとされる。

備考 

 北海道(南部)本州、四国、九州(中部以北)の主に太平洋側の山地に生育している。西日本では少ない。
 落葉樹林で半日陰の林縁や斜面、また沢沿いにも生育している。
 側弁の基部には毛があるがそれほど多くない。
 葉は水平に広がるのがポイント。
 葉表は緑色〜暗緑色。
 
葉裏は淡緑色〜紫色を帯びるものまである。粗い毛がある。

花ファイル検索表へ 


TOPへ

* 大分の山(主に九重連山)への登山や花散策で出会った花たちです。 *

九重大分山行脚

現在の閲覧者数: