ミツバテンナンショウ(三つ葉天南星)








2014.04.19





 

2014.04.19





 

2014.04.19





分類

 サトイモ科 テンナンショウ属 多年草

名前の由来 

 

備考 

 四国・本州(静岡)・九州に分布。雌雄異株。
 茎葉は2個で、それぞれ3枚の小葉に分かれる。
 仏炎苞は、暗紫色で、先端部は長楕円状の三角形で前方に垂れる。

花ファイル検索表へ 


TOPへ

* 大分の山(主に九重連山)への登山や花散策で出会った花たちです。 *

九重大分山行脚

現在の閲覧者数: